ごったに。リンクフリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハイドレンジア」 

 セッション反省2回目ですよ。参加者には感謝を。GM楽しめました。  まずは楽しいNPCを作りたいなァというところからスタート。冒険者に依頼持ってくるような人は……コトリの薬草セッションを思い出す。ヒーラーさんにしよう。薬草採りのお仕事なら使い捨てNPCにならずに済むに違いない。ただのヒーラーじゃつまらないから錬金術師にでも? うーん、錬金術師の依頼人はエーテルがいるしなぁ、、、。貸本屋にしよう。これは聞いたことが無い。決定。で、知識って意味のラテン語のソフィアと名づける。セッション開始で見事に参加PCと被っていることに気付く。検索したつもりだったのになぁ。初稼動で気付けたのが幸いでした。運がいいなぁw セッションにてソイに改名。女っぽくないかも? 
 お店の名前も決めて、知識関係で紙の語源のパピルスでいいや。子供が欲しい。小さい子かわいいよね、とGMの趣味を全開にする。男の子も女の子もかわいい、いっそ両方。
 オーケー依頼人の舞台は整った。次は依頼だ。薬草採集というからには薬草を決めねばならぬ。(グーグル検索) へー、紫陽花って麻痺の効果があるんだぁ。ハイドレンジアってかっこいい。これにしよう。麻痺だから麻酔薬ってことで。よし。

 さて、次はどうして冒険者に頼むんだろうか考えよう。普通に薬屋から買わないわけ……加工料が高いというのはどうだろう。そうすれば、原料を冒険者にとってきてもらい自分で薬に加工したほうが安くすむ。これだ。

 次ー、セッションというからには障害がなければいかん。病気をだしたいなぁ。昨日読んだ蟲師8巻に緑腐病っぽいのがあったな、よし、緑腐病使ってみよう。ふむふむ、ウンディーネの力が強くなる。ならば舞台は湿地。薬草は湿地に生えている。紫陽花だしいいかんじ。敵は狂ったウンディーネにしてしまえ。精霊界の門が開くには? 洪水だろう。洪水といえば、昔話があったなぁ(地元の昔話ぺらり)。蛇神。竜神にしよ。さて、今朝雑談で春の話をしたなぁ。よし、春には沼に立ち入ってはいけないということにしよう。梅が咲いている期間は緑腐病やウンディーネの危険がある。PCたちは何で?と聞くだろうから伝説でも作っておこう。んー、地元の昔話では鐘を淵に沈めて雨乞いするんだよな。逆に鐘を山にあげたら洪水を抑えるということにしよう。地下水脈の出口の一つでも塞いだということにしておくかな。春先で雪解け水が一気にあふれるのと重なるような。

 よし、これで準備完了。

そして結果は……昨日のBログです。

ぽっとでNPCにもっと表情与えた方がよかったな、というのが一番大きな感想ですね

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inhuo.blog94.fc2.com/tb.php/8-5c2cade3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

日暮

Author:日暮
気力零。誰か助けて。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。