ごったに。リンクフリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダナの手記2

エターナルエンパイア無礼日記。ミッション1。ネタバレ防止のため追記に。また長くなった

4月10日。
早朝に村を出る。見回りの男と挨拶をかわした。帰ってこないゴマというルーンフォークを案じつつ半ば諦めているみたい。小さな村では死は近いものなんだろう。ふと、村外れの共同墓地が目に入った。

依頼人がいうにはエターナルの手がかりの石板か古文書があるらしい。彼が持ち逃げしたとは思いたくないけど。
明日の朝には目的地の山岳に着けるはず。今日はもう寝よう


4月11日。
予想通りの時間に到着した。針葉樹の森を抜け、険しい岩山の谷を登っていると大きな崖崩れに巻き込まれて大怪我をした。怪我は救命草で癒したけど、あと一本しかない。もう少し持ってきたほうがよかったかも。
途中、岩に座って休憩していると首を捻ったリスに声をかけられた。プーカだ。
プーカはリモと名乗り話しはじめた。森林からドゥナエーのところに遊びに来たが大切な角笛を落としたという。

冒険者をやっていると情けは人のためならずという言葉を実感することが多い。
「手伝ってあげる」と声をかけるとプーカは目をぱちりとして「ありがとう!」と言った。ちょくちょく遊びにきているならひょっとしてとルーンフォークのことを訊く。少し前に角笛を見つけてきてくれたらしい。あんまり大切でもないんじゃないのその角笛。どっちへ行ったのかと続けて訊こうかとも思ったけどリモのそわそわした様子にこれは先に角笛どうにかすべきと思い直した。
さくっと角笛を見付けてきたはいいけど、白い花についてたトゲでさしたとこがジクジク痛い。血が止まってないみたい。
リモはお礼に赤い果実をくれた。なかなか珍しいものだ。有りがたくもらう。
落ち着いたところで彼の行き先を訊いてみる。
「あ、そういえばドゥナエーが今回もまただめだったって言ってたよ。ルーンフォークのお兄さんに訊かれて、僕、ドゥナエーのこととか遺跡のこと話したから、そっち行ったんじゃないかなあ」
あ、ダメっぽい。とにかくドゥナエーのことと遺跡のことをあたしも訊く。
いろいろ教えてくれたリモに別れを告げ、もう少し探索を続けることにした。ドゥナエーは夜中でないと会えないらしいし。
少し降りるとまた森が広がっている。木々の間から白い煙が幾筋たっているのを見つけた。集落があるみたい。そっちに向かってみることにする。途中蜘蛛の巣にひっかかってた炎の尾羽をゲット。ラッキー。
集落に近づくと妙な臭いが鼻をついた。この辺りに咲く花の香りらしい。
集落の様子をこっそり観察する。……よかった。人族のものだ。
集落を訪ねるといろいろ収穫があった。薬草師がいるとのことなのでじくじく痛む手の怪我をみてもらう。あたしが触ったのは白い悪魔という花だとか。
まさに綺麗な花にはトゲがある(毒も)。
特効薬があるとのことで作ってもらう。わりとシャレになんない毒だったしお高い薬なのには目を瞑る。手持ちのお金じゃ足りないのでここは物々交換を持ちかける。特効薬に救命草三個と赤い果実一個で交渉成立。
薬のあとは安静にということなので休ませてもらう。まだだったお昼ご飯もだしてくれた。猪肉の味噌漬けとハーブの炒めものが脂のってて美味しかった。
食事をしながらこの辺りのことを色々きけた。遺跡のことは知らなかったけど、山のことは流石詳しかった。
食事の後に横になったら眠ってたみたい。大きく伸びをすると手の痛みがなくなっているのに気づく。薬はバッチリ効いた。お礼を言って集落を後にする。
日もおちかけて、今から行けばちょうどドゥナエーに会えるだろう。

途中寄り道。さっきの集落で崖の上に主の巣があって、しかも今は主はいないと聞いた。これはチャンス……と崖の下に行ったはいいがとても登れそうな崖じゃない。空き巣作戦失敗。しかも崖崩れに巻き込まれてまた大怪我。ふんだりけったり。救命草補充しててよかった。きっちり痛みが無くなるまで手当てする。
暗くなってきたのでたいまつを点けて歩く。
ドゥナエーがでるって辺りに到着。少し探してみるとはたしてざっくりと爪で切り裂かれたルーンフォークの死体があった。荷物と遺パーツを回収して埋める。石を乗せて手を合わせた。「救命草にポーション。その他荷物は有効に活用させていただきます」

ドゥナエーは楽しく踊って歌う所に現れるという。冒険者の末路を見た気持ちを切り替えないと。以前訪ねた街できいた炭鉱夫の歌を歌う。つるはしを振るうジェスチャーつき。
「月がでたでた月がでた」
夜更けに山の谷間で何してるんだろうあたし。正気に戻りそうになった瞬間、ドゥナエーたちが現れくるくると回って一緒に踊り始めた。何だか楽しくなってきた。
その時強い光が目を刺した。踊りも止めて目を腕で庇う。
「な、なに?」
目が慣れてくると、何もなかったはずの岸壁に巨大な光る扉が現れたのが分かった。キプロクス2体は積めそう。
ドゥナエーたちがかたりかけてくる。
「ようこそ、永遠の帝国に向かわれる方。帝国への扉を開くには、門番の魔物を倒さなきゃならないの。それでも帝国へ行きたいなら、扉を叩くといいわ。どうなっても知らないけどね」
ドゥナエーたちは作りたてのお墓をみる。
どうなるってつまりそうなるってこと。
上等。
荷物を捨てる。
門番とやらがどんなのか知らないけど、ぶっとばしてやろうじゃない。無念に命を落としたルーンフォークの分もまとめてさ。赤いバンダナをぎゅっと締め直す。
扉を叩く。中から飛び出したのは、ガーゴイル。空中から急降下しつつ爪を振るってけた。なんとか避けて、反撃の体勢をとる。奴は素早い。マナを目に集める。猫の目のように瞳孔が縦に裂ける。ガーゴイルの動きがはっきり見えるようになった。
拳を2連続で叩き込む。多少削ったもののまだまだ奴は元気なようだ。
一旦ひらりと舞い上がると加速しながら爪を振るってきた。避けきれないっ。
ざっくりとガーゴイルの爪が肉を抉る。やばい、もう一度同じのを食らったらやられる。やられる前に、やらないと……!
そこからの記憶はあまり覚えていない。
気づいたら血まみれで砕けたガーゴイルの横に立っていた。死んでいないのが不思議な怪我だった。

救命草を使い、ヒーリングポーションを飲む。

「ひゃっほーっ!」
ドゥナエーたちが舞い上がり去っていく。長い守護の役を終えたのだ。ドゥナエーたちが去ると扉の現れていた岸壁が崩れ落ちる。痛む体を引きずり崩落に巻き込まれない場所へ。

砂煙が晴れると、巨大なピラミッドが姿を現した。
「これが……エターナル?」

手強い試練を突破した興奮覚めやらぬまま、誘われるように遺跡へ向かった。
遺跡には入り口らしきものがなかった。上にあるのかも、と登った先で信じられないものを見た。あまりに不思議でちょっと何て書いたらいいのかわからない。
その場所は時の桟橋というらしかった。そしてエターナルに行くには5つの刻印を集め資格を示さねばならないらしい。
刻印の名はこの辺りで伝わる昔話で聞いたことのある王国の名のものだった。
5つの王国に行く手がかりとして黄金の石板を渡された。売ったらいくら、とか生唾を飲んだが、目の前に現れた冒険の手がかりが潰えてしまう。
冒険者の夢みる大冒険の入口が今ここにあるのだ。石板に書かれていることは読めなかったが、依頼人なら分かるかもしれない。
遺跡への手がかりはこれで十分だろう。ルーンフォークのことは残念だった。帰路へつくことにする。
……明日の朝日が拝めそうで本当によかった。一歩間違えればルーンフォークと同じ道を辿っていただろう。
疲れた。もう寝よう


4月12日。
村にたどり着いた頃には深夜だった。依頼人を起こし、依頼の顛末を伝える。
ルーンフォークの遺パーツは村の共同墓地へ入れるそうだ。安らかなることを。
黄金の石板を渡すと、時間はかかるが解読可能らしい。よかった、冒険の道は閉ざされていない。解読が終わったら探索を依頼したいと願ってもない話がきた。二つ返事で了承する。が、村長の話には続きがあった。
「解読できれば、また探索を依頼することになると思うが、その前に、君には別の仕事を頼みたい」
……。解読の間、適当に街の冒険者の宿にでも行って依頼を受つつ待つつもりだった。だから依頼を断る理由はない。理由はないのだが。
「そ、その話はまた明日。今日は休ませて……」

村長は、「では明日改めてお話します。」とクールに言って報酬をくれた。
袋のガメルを数えもせずにあてがわれた部屋へと向かう。
この日記もそろそろ限界だ。久しぶりのベッドがあたしを呼んでいる。お休みなさい。




バンダナ
人間 女 17歳 冒険者生まれ

器用度:14
敏捷度:20
筋力:10
生命力:18
知力:16
精神力:10 up!


経験点:1030/4530
冒険者Lv:2
グラップラー:2
レンジャー:1
スカウト:1
エンハンサーー:1


戦闘特技
武器習熟/格闘


練技
キャッツアイ


武器
ハードノッカー


防具
ポイントガード


装飾
顔(額):バンダナ(10G)

アイテム
背負い袋
水袋
毛布
火口箱
ロープ10m×2
小型ナイフ
小型ハンマー
フック
くさび×10
小鏡
耳栓
羽ペン
インク
白紙の本
羊皮紙×9
山岳の地図
スカウトツール
救命草×3
ヒーリングポーション
たいまつ×9
保存食×11 (日分)

炎の尾羽(100G)
武器(30G)
レミングの歯(30G)
上質な狼の皮(50G)
きれいな羽(30G)
赤い果実(300G)


所持金210G



戦闘記録
緊張感のある戦いだった。HP10から1で生き残ったときとかもう



ガーゴイル。先制10。ガゴ先制。
1ラウンド。
ガゴ命中12。回避14
キャッツアイ。残MP6
命中14。ガゴ回避9。ダメージ8。ガゴ残HP30。
命中14。ガゴ回避ピンゾロ8。ダメージ6。ガゴ残HP27。
2ラウンド。
ガゴ命中14。回避11。ダメージ14。残HP10。
命中15。ガゴ回避9。ダメージ7。ガゴ残HP24
命中12。ガゴ回避11。ダメージ12(クリット)。ガゴ残HP15。
3ラウンド
ガゴ命中11。回避15
命中12。ガゴ回避11。ダメージ8。ガゴ残HP10。
命中12。ガゴ回避11。ダメージ8。ガゴ残HP5。
4ラウンド。
ガゴ命中19。回避16。ダメージ9。残HP1
キャッツアイ使用。残MP3。
命中12。ガゴ回避13。
命中ロクゾロ。ガゴ回避12。ダメージ5。変転(4→10)。ダメージ17(2クリット)。ガーゴイル残HP-9。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inhuo.blog94.fc2.com/tb.php/189-442750b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

日暮

Author:日暮
気力零。誰か助けて。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。