ごったに。リンクフリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフォのメモ:精霊学入門

精霊学入門
講師:ブロンズウインド導師
イーブノレルの月 1日 1時限目
・精霊力とは?
 この世界を形作っている”力”.”火””水””風””土”……様々な精霊力が複雑に組み合わさってこの世界の物質は存在している.

・精霊とは?
 意思を持った精霊力を精霊と呼ぶ.精霊力のある所にその存在が確認される.精霊力が強い場所では強力な精霊が現れることがある.物質的な存在ではないため普通のものはその姿をみることはできない.
 精霊力が弱まればそこに精霊はいなくなるが,このとき精霊使いが”帰る”という表現を使うことがある.このことからか精霊は精霊界からやってくるといわれている.

・精霊界と始原界
 精霊界よりもたらされる精霊力は始原界で調整が行われ世界に投影される.”森の始原界”ならば,”光””闇””土””水””植物”などの精霊界から力を取り入れ,森という形にして世界に投影する.

・精霊使い
 身の回りの精霊力を感じ取り,精霊の姿をとらえ,精霊たちの意思に働きかけることのできる者を精霊使い(シャーマン)という.彼らはハンドサインのような簡単な身振りと精霊語と呼ばれる言語を用いて精霊とコミュニケーションをとる.精霊たちは人とは異質な意志をもつため,簡単な意思疎通しか行えないことが多いようだ

・下位精霊と上位精霊
 精霊は一つではなく様々なものが存在する.力の弱い精霊を下位精霊といい,意志もあまり明確なものをもたずその属性そのもののような振る舞いを見せることが多いようだ.”光”と”闇”の下位精霊の意志は中でも特に微弱とされる.
 力の強い精霊を上位精霊という.彼らは意思も強く,また知識もあるようで人ともかなりのコミュニケーションを行えるようだ.とはいえ,上位精霊とコミュニケーションをうまくとるには力のある精霊使いでなくてはならない.力の弱い精霊使いではその強力な意志に飲み込まれてしまうかもしれない.

・中位精霊
 通常,精霊は”風の精霊”,”土の精霊”と1つの精霊力に意志が宿ったものだが,”土”と”火”の精霊力を持つ”火山の精霊”というものもみられる.彼らは下位精霊よりも力も意志も強いことが多い.
 また,1つの精霊力による精霊でも,下位精霊よりは力が強いが上位精霊ほどの力はもっていない中程度の力をもった精霊のことも中位精霊と呼ぶことがあるようだ.

・グラードの人々と精霊
 グラードの街に住まう人々は,万物に宿る精霊のことは知っていても,見ることも感じることもできない為,馴染み深い存在とは感じていない.精霊力のバランスが崩れる病気になっても,頼る先は薬師,医者,或いは神殿となるのが普通である.
田舎では街よりも精霊はより身近な存在になっている.村はずれにシャーマンが住んでいたり,精霊と馴染み深いエルフやライグルと接する機会も多いためだ.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inhuo.blog94.fc2.com/tb.php/129-74ec4071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

日暮

Author:日暮
気力零。誰か助けて。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。